一口馬主とは?

一口馬主とは、商品ファンド法に基づき、一口クラブが1頭の競走馬を40〜500口程度に分割して出資を募集する形態の擬似馬主システムです。

会員は所属するクラブの募集馬を選択して一口単位で出資を行い、さらにえさ代等の維持費を毎月口数に応じて支払う代わりに、レースで獲得した賞金のおよそ60〜70%程度を口数に応じて受け取ることが出来ます。

似たような金融商品の存在としては、株式投資におけるミニ株などが挙げられます。

日本中央競馬会(JRA)の正式な馬主資格を得るには、非常に高いハードルをクリアしなければなりませんが、一口クラブへの入会においては馬主資格は必要なく、各クラブ個別の入会審査さえクリアすればクラブ馬への出資が可能となります。そのため、最小数万円程度の投資で中央競馬の馬主感覚が味わえます。

日本では現在大小あわせて19のクラブが運営を行なっており、各クラブの延べ会員数は7万人以上、ユニーク会員数は3〜5万人と言われており、馬主ランキングでも大手クラブが毎年上位を賑わすなど、現在では中央競馬で大きな存在感を示しつつあります。
一口クラブに無料資料請求


更新
TOPページ
My馬ページ
クラブに無料カタログ請求